MENU

若い女性に多い薄毛の原因とは?

薄毛の悩みと言うと、ある一定以上の年齢の人に限った悩みのように思えますが、実は、最近では、若い女性でも薄毛に悩んでいる人が多くなってきています。

 

その主な原因には、ヘアカラー、パーマなどが及ぼす髪への悪影響や無理なダイエット、不十分な頭皮ケアなどが挙げられます。

 

まず、ヘアカラーやパーマが及ぼす髪への悪影響としては、頭皮や毛根への影響が考えられ、頭皮や毛根に悪影響を及ぼす事で、毛穴の詰まりやヘアサイクルの乱れなどの原因になってきます。その為、できるだけ、ヘアカラーやパーマを行う際は、間隔をあけ、髪への負担を最小限に抑える事が重要になってきます。

 

次に一見、無縁のように思えるダイエットですが、無理なダイエットを行うと言う事は、様々な影響を及ぼします。そして、その中の一つが薄毛の原因となってくると言われているのです。無理なダイエットを行う事で、ホルモンのバランスは乱れ、その結果、ヘアサイクルも乱れさせてしまいます。また、髪に十分な栄養を行き届かせる事もできない為、結果、薄毛の原因になってしまうと考えられるのです。

 

そして、最後が不十分な頭皮ケア。シャンプーやトリートメントなど行えば良いと言うわけではありません。あくまでも、正しい方法での頭皮ケアが一番になってくると言えるのです。